CIMG1148.JPGCIMG1136.JPG

2006年08月18日

腕時計の素材について

腕時計に使用される素材は、デザイン、用途によって様々あります。


■ SS(ステンレス・スチール)・・・主成分の鉄にクロムやニッケルを加えた錆びにくい合金。スポーツモデルなどに多い。


■ 18KWG(ホワイトゴールド)・・・金の中でも最も高価なホワイトゴールド。純金にパラジウムを加えた、シルバーの色目が人気である。


■ 18KYG(イエローゴールド)・・・純金3に対し、銀1銅1が一般的なイエローゴールド。とにかくゴージャスな雰囲気を出したいならコレです。


■ Pt(プラチナ)・・・世界的な産出量がとても少ない希小品であるプラチナ。白金と呼ばれるほどの光沢感がある。また硬度が高く磨耗しにくいのも特徴である。


■ Ti(チタン)・・・ステンレス・スチールよりも比重が約4割も軽いチタン。耐酸性にも優れている。重量感があるスポーツモデルなどの軽量化に一役買っている。


posted by ペルゴ at 09:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【素材について】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。